【あらすじ】超雑に説明するイングレス・ストーリー【1218編】

MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭
12月 2019 編集されました インベスティゲート

ここからは2012年から始まった古い方、「1218」版のストーリーです。

お初の方は、「共通編」の方からお読みください。

コメント

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭

    【オブシディアン・アノマリー】

    この頃には、デヴラのウィルスでジャービスが死んだことで、エンライテンドのリーダーはアコライト(↓)になっていました。

    一方レジスタンスは、ADAとクルーが別れ、ADAのシャードをエンライテンドが獲得したことで降板、アンチマグナスのヤーハン(↓)が実質レジスタンスのリーダーに。


    アコライト「古代ローマにオブシディウスっていう人がいたらしいの。ちょっと大事なことだから調べてエージェンツ」

    ヤーハン「アコライトが何か始めたわね…遅れを取るわけに行かないわ。こっちも文献を集めるのよ!」

    エージェントたちが調査した結果、オブシディウスという古代の探検家がオブシディアン・シールドというアイテムを発見していたことを突き止めます。


    アコライト「うふふふふそうよこれよ…これがあればナジーアを追っ払える…」

    ヤーハン「そんな事させないわよ!横取りして逆にシェイパー追っ払ってやる!!」


    アコライト「アノマリーに勝ったわ!オブシディアン・シールド発動!!」

    エージェント「( ゚д゚)あれ?スキャナーのつぶつぶが消えた

    オブシディアン・シールドの威力が強すぎたのか何なのか、スキャナーでいつも浮遊していた白いXMのつぶつぶが、世界中から消えてしまったのです。


    エージェント「ヽ(`Д´)ノえらいこっちゃ!」

    オリバー「よし天才の私がなんとかしよう。とりあえずパワーキューブいっぱい出しとくから」

    アコライト「助かるわ。てかそれどっから持ってきたの?」

    オリバー「ん?XMの企業の倉庫にいっぱいあったよ」

    アコライト「盗んだんかい!!!」

    オリバー「まーまーいいじゃないの。つぶつぶはちゃんと後で戻すよ」

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭
    12月 2019 編集されました

    【イージスノヴァ・アノマリー】

    ヤーハン「オブシディアン・シールドって破壊するとイージスノヴァ・シールドに変わって、武器になるらしいのよね」

    スミス(ヤーハンの手下)「マジで」

    残念ながらスミスも顔がわかりません。まぁあんまり出てこない人です。


    ヤーハン「スザンナのお父さん(↓)何か知ってるかも。ちょっと捕まえて尋問してきて」

    スミス「あごめん、殺しちゃった

    ヤーハン「何やってんのこのクソボケ!!!」

    スザンナ「ヽ(`Д´)ノうわああぁぁぁパパーーー!!!」

    ヤーハン「ちょ、ちがうの、これは」


    スミス「すいませんすいません」

    ヤーハン「仕方ないわね…そうだ司アキラ(↓)って確かアルティメットの研究してたわ」

    スミス「アルティメットってなに」

    ヤーハン「この世のすべてのものや人が記録されている空間よ」

    スミス「なにそれすごい」

    ヤーハン「そこ見ればイージスノヴァの秘密もわかると思うんだけど…うーんどうもアノマリーのエネルギーがないと見られないようね…」


    一方その頃──

    P.A.シャポー「てめえクルーに何してんだ返しやがれこんちくしょう」

    アコライト「さあ?クルーはここで快適に暮らしていますよ?」

    P.A.シャポー「お前ADAの弱点突き止めて殺すつもりだろ。アノマリーでシールドを武器化して」

    アコライト「さーあどうかしらねえ?オホホホホホ」


    このアノマリーではエンライテンドが勝利し、ADAは世界中のコンピューターから消去されてしまいました。その影響でどういうわけかポータルからADAリファクターまで出なくなります

    なんでそうなったのかはわかりません

    Post edited by MailEater on
  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭

    【ヴィアラックス・アノマリー】

    フリント・ディルはナイアンティック社の人で、イングレスのシナリオを書いている人です。が、たまにストーリーにも登場します。

    フリント「なんか最近、ニューウェーブっていうエージェントの噂が出てるね」

    P.A.シャポー「噂によると両陣営いるらしいけど、ニューウェーブ・レジスタンスは腕とか首にチップを埋め込んでて、ニューウェーブ・エンライテンドはタトゥとかしてるらしいね」

    フリント「なんなんだろうね」

    P.A.シャポー「俺こないだニューウェーブ・レジスタンスに会ったんだけど、マジだった。腕光ってた」


    ニューウェーブ・レジスタンス「我々はADAを分割して、身体に埋め込んでいる。次のアノマリーでADAを復活させる」

    アコライト「ぐぬぬぬ…せっかくADAやっつけたのに復活されちゃたまんないわ!」


    このアノマリーではレジスタンスが勝利し、ADAが復活。スキャナーでもADAリファクターがまた出るようになりました。なんでなのかはやっぱりわかりません。

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭

    【ヴィアノワール・アノマリー】

    ハンク「ラヴクラフトロバート・E・ハワードの合作っていう幻の原稿を入手したんだけど」

    P.A.シャポー「なにそれすごい」

    ※H.P.ラヴクラフトとロバート・E・ハワードは20世紀アメリカの人気ファンタジー作家です。特にラヴクラフトの「クトゥルフ神話」は今でも世界中で沢山の二次創作が作られています。


    ハンク「なんかこれ、未来の話じゃないのかな?この怪物みたいなのって多分ロボットか最新兵器かなんかだよね」

    P.A.シャポー「未来予知ってこと?(´・ω・`)クトゥルフの新作じゃないのかー」

    ハンク「まぁラヴクラフトだし、とりあえずこの最新テクノロジーっぽい怪物をテクトゥルフと名付けるか」

    ↑こんな感じだったので、クトゥルフとはあんまり関係ありません。ファンの方には気の毒ですが。


    オリバー「ふふふ…スザンナの親父が研究していたテクトゥルフの論文をゲットしたぜ…」

    スザンナ「あれオリバーがなんかやばい」

    オリバー「親父さんは研究途中で亡くなったが、天才の私なら完成できる」

    スザンナ「あかん、あれ兵器やで。パパの敵討ちもそうだけど、あっち止めないと」


    スザンナ「オリバー止めに行きたいんだけど、居場所おしえて」

    アコライト「よろしくてよ。その代わり、この子(↓)連れてってくんない?」

    スザンナ「クルー!うわああ抜け殻やんか!!!何したのあんた」

    アコライト「まちょっと色々あってね」


    デヴラ「オリバーがやばい!…いや私もだいぶどうかしてたけど、もう反省したの!エージェントのみんな、テクトゥルフを破壊するのにはアノマリーのエネルギーが必要よ!」

    オリバー「邪魔するなオバハン!私はこれで最強の力を手に入れるのだ!ふはははははは」

    スザンナ「見つけたわ!馬鹿なことはやめなさい!」

    オリバー「ちっ、邪魔が入ったな。お前らなぞテクトゥルフの餌にしてやる」


    結局、アノマリーでテクトゥルフは破壊されたようなのですが、その後スザンナもクルーも、オリバーも生死が不明のままに。

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭

    【フェイト・オブ・ザ・サーティーン】

    突然シャードが出現したことで、ナイアンティック計画の研究者たちが久しぶりに顔を揃えました。アバドンの時にリカージョンしたので、一度死んだ人も生き返っています。

    カルヴィン「シャード出たんだって?」

    デヴラ「なんか私たちの顔が書いてあるらしいんだけど」

    光男「いやでもみんないるし。あ、オリバーいねえや」

    シューベルト「オリバーは死んだんじゃね?」

    クレーゼ「いやーどうなんだろ」

    キャリー「てかあのシャードはなんなのよ」

    * * *

    NIA「ナイアンティック研究者のシャード出てるね」

    調査員「調べてみたんですが、どうもあれ研究者じゃないみたいなんす」

    NIA「じゃあなにさ」

    調査員「アーキタイプって言いまして、マグナスの役職みたいなもの」

    NIA「ああ研究者たちはシミュラクラになって、マグナスっていう組織になってるんだったか」

    調査員「そそ。そんで一人ひとりがアーキタイプっていう、役職というか役割みたいなものを持ってるんす」

    NIA「ちょっとよくわかんないんだけど」

    調査員「要するに人事異動じゃないすかね。これ集めると、その役職をクビにしたりできるみたいっす」


    結果、オリバーのアーキタイプ「アルケミスト」以外全部をエンライテンドが獲得し、エンライテンドは「ドリーマー」アーキタイプのジャービス以外全員をクビにしました。「アルケミスト」はどちらの陣営もシャードを獲得できなかったため、オリバーはクビになりませんでした。

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭

    【13マグナス・リアウェイクン(キャンプ)】

    皆様ご存知、ナイアンティックのCEOジョン・ハンケもたまにストーリーに出てきます。

    ハンケ「オリバー博士のテクトゥルフ拾ってきたよー」

    エージェント「ふぁっ?!」

    ハンケ「あ、拾ったのは取引先がね。バラバラだったけど修理して、これでみんなでテクトゥルフ作ろうぜ!

    エージェント「ちょっと何言ってるかわかりません」

    というわけでハンケ、というかナイアンティックはカリフォルニアのキャンプ場を借りてエージェントを集めキャンプ・イベントを開催。みんなで作った13個のテクトゥルフは一時的にポータルとなり、プチ・アノマリーなどが行われたそうです。


    ハンケ「あとイングレスのテーブルトークRPG(ボードゲーム)作ったから一緒にやろ」

    エージェント「おーそれは面白そう!やろうやろう」

    (日本だとあまり知られていませんが、米国ではわりと盛んなゲームです)


    このボードゲームは「RPE」と呼ばれていて、実はゲーム内で起きたことがXMの影響で歴史を改変したり、遠くの場所に影響を与えたりできる特殊な技術だったのでした。

    要するにイングレスと同じで、ゲームの進行がストーリーに影響するボードゲームなのです。

  • MailEaterMailEater ✭✭✭✭✭
    01/02編集されました

    【エクソファイブ・アノマリー】

    ハンク「ケン・オーウェンが死んだって!」

    P.A.シャポー「誰だっけそれ」

    ハンク「ちょ、NIAの人だよ!『イングレスはただのゲームです、フィクションです』って隠蔽工作してた人

    P.A.シャポー「ああーあの人か。出番少ないから忘れてた。なんでまた」

    ハンク「わからん…ちょっと調べてみるか」

    * * *

    ハンク「とか言ってたら今度はNIA支部が爆発した!!」

    P.A.シャポー「ええええ!!!」

    ハンク「NIA局長のフィリップスと、打ち合わせに来てたカルヴィン(↓)が死んだって!」

    P.A.シャポー「なにいいい」

    * * *

    ハンク「(´・ω・`)カルヴィンの葬式行ってきたよ」

    P.A.シャポー「お悔やみ申し上げます…」

    ハンク「あの人はナイアンティック計画のリーダーだったし、俺の恩師だったんだ」

    P.A.シャポー「(´・ω・`)そっかー」

    ハンク「ところで葬式にデヴラ(↓)が来てたんだよ」

    P.A.シャポー「おお、どうだった?」

    ハンク「なんか初期のスキャナーにおかしなことが起きてるんだって」

    P.A.シャポー「うん?」

    ハンク「それがなんか、今回の騒動と関係があるっぽいって」

    P.A.シャポー「なにそれどゆこと」

    ハンク「俺もよくわかんないだが、アノマリーで勝った陣営に教えるんだって」

    P.A.シャポー「あ???」

    …という、やっぱりなんだかよくわからないアノマリーでした。エンライテンドが勝利していますので、エンライテンドの方なら何か知ってる…のかな?

    * * *

    ハンク「なんか俺、ホワイトハウスに呼ばれちゃった」

    P.A.シャポー「えっなんで」

    ハンク「ほらNIAはこないだ局長も死んじゃったからさ、俺に局長を継いで欲しいんだって」

    P.A.シャポー「えっ大丈夫?!」

    ハンク「ううーん。俺も悩んだんだけど、まぁやることにしたよ」

    P.A.シャポー「大丈夫かなあ…」


    というわけで、NIA…国家情報局は新たにハンク・ジョンソンをリーダーに迎えました。

    Post edited by MailEater on
  • PlSpPlSp ✭✭✭

    「うちのボス」就任の時のエピソードやな

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。