Ingress Primeへの移行について

エージェントの皆さま

2012年11月にIngressをローンチしたときも今も、Ingressが目指していることは変わりません。エージェントのみなさんが「共に歩いて冒険する (adventures on foot with others)」そのお手伝いをする、ということです。エージェントの皆さまが色々な場所を訪れたお話を伺い、様々な作戦を行ったSitrepを拝見する中で、Ingressを通じて人がつながり、新しい目で世界を見ることができたという話をよく見かけます。そしてこの「人と人とのつながり」や「コミュニティ」こそがIngressをIngressたらしめているのだと実感しています。

数年前、Ingressが使っていたコンパイラーや技術がなくなったことや、初期のアプリデザインではアーチストやデザイナーがエンジニアの協力なしにはアップデートが難しいということもあり、新しいIngress Primeへの移行を開始しました。この移行にはメリットもデメリットもあったわけですが、テクニカルアーチストやデザイナーたちが簡単にプロトタイプを作ったり実験をしたりすることができるようになったり、Niantic Real World Platformの機能を実装しやすくなり、その結果アプリ内チケットが使えるようになったり、エージェントの皆さまによりよい体験をご提供できるようになると考えております。エージェントの皆さまのフィードバックを伺いながら、ゲーム体験を向上していけるよう引き続き改善を続けていく所存です。

長かった移行期間を終え、これまでご愛顧頂いてきたScanner [REDACTED]は日本時間10月1日(火)午前2時をもってご提供を終了し、Ingressの公式アプリはIngress Primeのみとなります。

約7年間エージェントの皆さまに愛され続けてきたこのIngressというゲームの長期的な持続性を考え、リソースを集中し、末長く皆さまに楽しく遊んでいただけるゲームを作っていくため、ぜひご理解のほど、よろしくお願いします。

今まで Ingress を支えてきてくださったエージェントの皆さま、パートナーの皆さまや自治体の皆さまに改めて感謝申し上げるとともに、グローバルなリアルワールドゲームの未来をこれからも皆さまと、そしてIngress Primeと一緒に、作っていければと思います。

Hack the planet!

タグ付けされた:
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。